加熱式たばこも規制の対象

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

昨年もこのニュースで盛り上がりましたが、ついに健康増進法改正案が提出されそうです。

健康被害が軽減されていることが証明されれば、規制対象から外すと言われていましたが、やはり間に合わなかったみたいです。

加熱式たばこ増税も決まったばかりなのに、追い打ちをかけるかの如く流れたこのニュース・・・。

アイコスなんかは完全に失速気味で、グローはやっと盛り上がってきたばかり、プルームテックにおいては全国展開を控える大事な時期だっただけに痛い展開になってきました。

今回は、このニュースについて、少し触れてみたいと思います。

健康増進法と受動喫煙防止条例

まず、今回のニュースのメインは、国と東京都が、紙巻きたばこだけでなく加熱式たばこも対象として、様々な場所で原則禁煙とするというもの。

厚生労働省が提出予定の「健康増進法」の改正案と、東京都が定めようとしている「受動喫煙防止条例があり、どちらも同じような内容ですが、順次説明します。

まずはポイントを列挙しますのでご確認ください。

ニュース記事:東京都、受動喫煙防止条例の提出先送り 「国と整合図る」

1.原則禁煙

これは主に飲食店が適用されるようですが、最近普及している喫煙室であればOKというもの。

この喫煙室の特徴は、たばこを吸うためだけのスペースなので、中で飲食が出来ないことがポイントです。

最近ではファミレスでもチラホラ設置されていますが、必ず席を立たないといけないんですよね。

外じゃないだけマシかもしれませんが。

2.例外規定

一定の面積以下なら例外として喫煙を認めるというもの。

この一定の面積という部分ですが、厚生労働省は150平方メートル、東京都は30平方メートルと定める面積が違うため、どちらが適用されるのかによって、かなりの違いがでます。

東京都の定める30平方メートルというのは、よく言う十坪未満(10席ないお店)のことでして、ほとんどのお店が例外規定として認められなくなるんです。
*150平方メートル=60席ちょいのイメージ。

この例外規定が適用されないということは、喫煙客を呼び込もうとすると「喫煙室」を作らなけばならないワケですが、小中規模のお店で喫煙室を作るのは現実的に不可能です。

よって、ほとんどのお店でタバコが吸えなくなるということになります。

3.加熱式たばこ規定

今回規制対象となっていますが、紙巻きたばこに比べて、ほんの少しだけ緩い内容となっています。

加熱式たばこ用の喫煙室があるお店は、その中でなら飲食しながら喫煙できるとのこと。

思うに、昨今の喫煙席のような位置づけだと思うのですが、ただ区切っただけの喫煙席では「室」として認められない可能性が高いので、やはり専用の空間を作るとなると飲食店さんの負担は重そうです。

4.例外規定の補足

法律が施行された後だと、どんなにお店の広さが例外規定内のミニマム店舗であっても、新規開業や大手飲食チェーンでは、喫煙は認められないとのこと。

これから飲食店を開業、オープンさせる場合で、喫煙者も取り込もうとした場合は「喫煙室」を作る必要があるので、大手飲食チェーンならまだしも、個人で開業しようとする人にとっては手痛い出費となります。

私も過去にカフェを開業した経験がありますが、費用を考えると100%諦めますね。

5.敷地内禁煙

病院や学校などでは敷地内禁煙とし、喫煙室の設置も認めないというもの。

官公庁や大学については、厚生労働省と東京都で案が割れていますが、少なくとも共通しているのは屋内では確実に吸えなくなります。

罰則規定あり!

当然と言えば当然ですが、この法律条例には「罰則があります。

東京都の条例だと、違反喫煙者や施設管理者には罰則(5万円以下の過料)が科せられるそうです。

健康増進法の改正案だと、施行したばかりのタイミングでは「注意指導」に留めるとされていますが、悪質な場合は命令(喫煙停止命令など)して、それでも違反すると30万円以下の過料に処すと書かれています。

所感:条例に対して

私自身が飲食業界に長く身を置いてたこともあり、この法律改正案や条例は、中小規模の個人経営の飲食店さんにとって、大打撃となる可能性があると思ってます。

常連さんのほとんどが喫煙者っていう小料理屋さんなんて結構あると思うんですよね・・・。

よく、店内禁煙にしたら売上が上がった!という報道を見たりもしましたが、それは全体の何割のお店なんでしょう、はなはだ疑問です。

こんな話があります。

いち早く全面禁煙の条例を施行したのが神奈川県なんですが、東京都などに隣接している地域では、宴会などが東京都のお店に流れてしまったそうです。

その理由はズバリ、神奈川県のお店だとたばこが吸えないから

実際、飲食系の組合なんかでも、全面禁煙に対して反対する動きは活発で、署名運動なんかもしてますからね。

例外規定を活用して、みんなが共存できるような内容にして頂きたいです。

所感:加熱式たばこに対して

非常に残念ですが、ニュースを見ている限り決まっちゃいそうですね(汗)

増税の煽りを受けて、ヒートスティックやネオスティック、たばこカプセルなんかも値上がりするでしょうし、紙巻きたばこよりも緩い規制といいながらも、それに対応できる施設は少ないので、同じようなものだと感じました。
*喫煙室を設置できる施設は少ない。

これまで加熱式たばこを擁護するようなコラムはいくつか書きましたが、「たばこ」そのものが、ここまで世間から嫌われているとは思いませんでした。

紙巻きたばこよりは安全だし健康被害も少ない、でも所詮はたばこ・・・そういうことなんでしょう。

アイコスやグロー、プルームテックなどの次世代たばこは、まさにこれからなワケですが、厳しい展開になってきましたね。

2018年はブームを消さずに増税や規制問題に立ち向かわないといけないので、各社、崖っぷちに立たされたような状況になってしまいました。

あとがき

肩身が狭いのは慣れましたが、こうも立て続けに暗い話題が続くと萎えますね。

せめて、これ以上世間の皆様から嫌われないように、マナーとモラルだけは守っていきましょう。

話は全然変わりますが、コインチェックのネム不正流出問題。

モロに直撃しました(笑)

あー、悪いニュースばかりだなー。