加熱式たばこメーカー各社が飲食店に営業を掛けまくってる噂

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

最近は各社の公式サイトからも面白い情報がでてこないので、ネットサーフィンしながらネタ集めをしております。

そこで見つけた記事のタイトルがコレ。

【緊急警報!!】禁煙エリアにタバコ会社が電子タバコで攻め込んできてるのを防衛せよ

BLOGOSで見つけましたが、永江一石さんという方が寄稿した記事でして、たぶん嫌煙家の方なんでしょう。

私は愛煙家ですので、立ち位置も真逆ですし価値観も違いますが、大きな気付きがありました。

今回は、JTPM社の行っている営業活動が、ちょっとズレてるんじゃないか?と感じたので、問題定義的な意味も込めて書いてみたいと思います。

BLOGOS永江一石さんの記事

どんな内容だったのかと言うと、飲食店にJTやらPM社が加熱式たばこを許可するように営業をかけているというもの。

書き方は嫌煙家の方特有の「過激」な表現が多いのでゲンナリしましたが、これは嫌煙家の方が怒ってもしょうがないと思える内容でした。

実際に「加熱式たばこOK」にした飲食店を知っているわけでもなく、それこそ直接話しを聞いたわけでもないので、たばこメーカー各社の行っていることが、記事に書かれている通りなのかはわかりませんが、もし事実なら方向転換してもらいたいです。

加熱式たばこはタバコ

私自身もブログを書き始めた当初は、副流煙もないし禁煙席で吸っても問題ないでしょ!と思っていました。

ただ、調べていくうちに、副流「」はないけど「蒸気として、紙巻きたばこ程ではないにしろ、まわりの人に影響があるという認識を持っています。

ですので、アイコスであろうが、グローであろうが、それこそプルームテックであろうが、吸いたいときは喫煙場所に行って吸うようにしています。

それは何故か、臭いが少ない、タールが少ない、煙が出ない・・・でもタバコだからです。

世論を敵にしてはいけない

昨年twitterで大きな論争を呼んだ事件がありました。

あるレストランで、アイコスの吸い殻を灰皿ではなく、おしぼり袋の上に捨てていったというもので、嫌煙家の方からのマナー違反!という声はもちろん、愛煙家の方からも謝罪の声があがったり、火をつけてないんだからOKという意見が出たりしましたよね。

身近な話だと、アイコスは副流煙が出ないんだから歩きタバコ(アイコス)もOKと言わんばかりに、禁煙エリアで吸っている人もいたわけですが、こういった行動の1つ1つが加熱式たばこのイメージを悪くしてしまうのは言うまでもありません。

更に言うと、昨今の増税や受動喫煙規制対象にほぼ確定となってしまいましたが、マナーもモラルも悪いとなれば誰も味方してくれません

私自身も反省すべき点が多々ありますが、「加熱式たばこ」ならいいんじゃない!?とたばこを吸わない人からも支持されるような行動を取るべきだったと、今では思います。

加熱式たばこに切り替えた理由

永江一石さん風に書くと、私たち喫煙者は長い間「迫害」を受けてきました。

ですが、なぜ世間から嫌われているのかはわかっているつもりで、「寒空の下でしか吸うな!」と言われれば従ってきましたし、喫煙席であっても一緒にいる相手が喫煙者かどうかわからなければ、「たばこ吸ってもいい?」と聞くようにしていますよ。

加熱式たばこに切り替えたのは、もちろん自身の健康の為でもありますが、一番はたばこを吸わない人と仲良くしたい!これなんです。

隣で吸わせてくれ!とは言いませんが、紙巻きたばこに比べれば周囲への影響は格段に低減されており、共存できる可能性を感じたからです。

全面禁煙のお店と喫煙可のお店

私たち愛煙家にとって、喫煙可のお店はかなり重宝しますよね。

まさにオアシスと言っても過言ではないくらいで、大好きなお店が全面禁煙になったら、そのお店には飲みに行かなくなるかもしれません。

東京都受動喫煙防止条例対策案などがいい例で、あの全面禁煙案にはもちろん反対ですし怒りも覚えます。

ですが、たばこが苦手な方、嫌いな方にとっては、全面禁煙のお店は私たちの喫煙可のお店と同じくらい貴重なオアシスなんですね。

今回BLOGOSで叩かれてしまったのは、まさにこの「たばこを吸わない人」のオアシスに土足で踏み込んでしまったからなんです。

私たちが怒りを覚えるのと同じように、JTやPM社の営業活動は、たばこを吸わない人の怒りを買ってしまうのは当然です。

営業内容はこんな感じだそうです

あくまでも情報ソースはBLOGOSの記事だけなので真偽はわかりませんが、禁煙と謳っている飲食店に対して、「加熱式たばこを許可してくれたら御礼にお店を宣伝しますよ!」といったもの。

JTは食べログ、PM社はRettyと組んで、特集ページを組んでいますので、あながち嘘ではなさそうです。

もともと喫煙可の飲食店も掲載されているは思いますが、全面禁煙の飲食店がメインターゲットなのは間違いないでしょう。

アイコスが日本で2015年に発売されるようになってから3年、色々な問題も起こりましたし、当時よりは研究も進みました。

今JTやPM社に求められているのは、果たして「全面禁煙」の飲食店で吸えるようにすることなのか、私は疑問に思います。

営業すべきは国と東京都では?

たばこを吸わない人は、わざわざ全面禁煙の飲食店を探すそうです。

まったく私達と同じですよね・・・やはり、そこに無理やり入り込むのは良くないと思うんです。

しかも、どのみち法律やら条例が決まってしまったら、加熱式たばこOKのシールも剥がされてしまうんですよね?

だったら敵を作るようなことはやめて、国や東京都などに営業をかけるべきではないでしょうか。

私たちは、少なくとも喫煙OK飲食店場所が確保されれば良いんです。

吸いたい人は吸えるお店に行けばいい。

今、上がっている法律改正案や条例案は、そもそも「吸えるお店」自体がほとんどなくなってしまうような内容なので、飲食店さんに選択する権利を与えるとか、例外事項を拡大するとか、そっちに力を注いで欲しいです。

気持ちは嬉しいけど・・・まとめ

JTやPM社の営業の方が、私たちユーザーのために日夜頑張ってくれているのは本当に有り難いことです。

今回の飲食店さんへの営業だって、トークでは加熱式たばこの良さも伝えてくれていると思いますので、感謝しています。

ただ、全面禁煙のお店を荒らすのはやめましょう、私たちだって、喫煙可のお店を荒らされたら嫌ですもん。

今やっている営業活動は、たばこを吸わない人との共存ではなく、それこそ嫌煙家の方から見れば「侵略」と思われても仕方がありません。

共存を吸わない人に理解してもらうには、どれだけ良いものなのかを証明(健康被害が大幅低減の立証)すること以外ないと思いますし、それが現段階で難しいのであれば、せめて喫煙可の飲食店が喫煙可のままでいられるような取り組みに注力してほしいです。

マナーやモラルの啓蒙も大事ですし、ユーザーを増やすために出来ることは他にもあると思いますよ。

あとがき

なんでもそうですが、相手の立場にたって考えるとわかることもあるんですよね、勉強になりました。

ことタバコに関しては、どうしても被害者意識が強くなってしまい勝ちなので、双方の立場と言い分も意識しなくてはいけませんね。

プライベートでも思い当たるフシがいくつかあるので、明日起きてから実践してみようと思います。

長文、お付き合い頂きありがとうございました、おやすみなさい。