プルームテックについて、喫煙者より

おいおい、お前これまでメチャくちゃプルームテック押しだったクセに、突然どうした?

長いこと当ブログを読んで頂いている方だと、そのように思われた方もいるかもしれませんが、違うんです。

何が違うって、プルームテックがダメだと言いたいワケではない、ということ。

この手の話はプルームテックのみならず、アイコスやグロー、VAPEにも同じことが言えますが、どうしてもこの話題を取り上げたくなりキーボードを叩いてます。

今回はプルームテックについて、喫煙者からの意見を書かせて頂こうと思います。

ニコチンは有害です、よってプルームテックも無害ではない

プルームテックは、構造こそ旧型の電子タバコと同じですが、先端に「たばこカプセル」を装着することで、発生させた蒸気にニコチンを付着させる仕組みの次世代たばこの1つです。

ご存知の方も多いと思うのですが、ニコチンには血管を収縮させ血圧を高める作用があり依存性も強いことから、有害であることは間違いありません

当然吸い込んだ蒸気にはニコチンが含まれるため、プルームテックも有害なのは言うまでもないでしょう。

何を今さらって感じですよね(汗)

鬼の首をとったかのような危険警報

ネット上でちょいちょい見かけるのが、プルームテックの危険性について書かれた記事。

その多くは、ニコチンが含まれているので「たばこ」と同じく”危険“という内容だったり、電子タバコと同様の構造であることから、電子タバコ特有の危険性を示した研究結果などを用いて、紙巻きたばこ以上に健康被害が出る可能性が高いと脅してきます。

で、定番の締めくくりは、無害と言えないなら紙巻きたばこと同じく規制しろ!と。

まるで研究結果(危険という内容)が立証されているような印象を与える書き方をされていますが、実際はどれも極端な実験で得られた結果を、さも一般的であるかのように伝えているに過ぎず、その点については一切触れられてません。

中立な意見を書こうとするなら、反対意見も記載するべきではなんですけどね。

「たばこ」と名のつくものは、この世から排除したいだけ?そう思われても仕方がないです。

電子タバコと同じ構造による危険性って?

プルームテックはアイコスグローと違って、構造は旧型の電子タバコそのものです。

それゆえに、ニコチンを含むだけでなく、電子タバコ特有の危険性があると言われていますので、具体的にどんな危険性があるのかをご紹介します。

発がん性物質ホルムアルデヒドが発生?

プルームテックのカートリッジには、グリセリン、プロピレングリコール、トリアセチンが含まれているのは公表されています。

このグリセリンやプロピレングリコールを強く加熱すると、発がん性物質と言われる「ホルムアルデヒド」が発生するというもの。

ここでポイントとなるのは”強く加熱すると“という点で、米ポートランド州立大学の研究チームがある実験を行いました。

電子たばこを高電圧と低電圧で使用した際に、蒸気に含まれるホルムアルデヒドの含有の有無およびその量を調べたそうです。

その結果、3.3ボルトでリキッドを加熱した際には検出されませんでしたが、5.0ボルトで熱した際には、紙巻きたばこ以上の量のホルムアルデヒドが検出されたんですって。

なるほど、高電圧で加熱すると危険なんですね、でもプルームテックの電圧って3.2ボルトっす。

まー、VAPERだってそんな高電圧で吸う人は普通いないですけどね(汗)

有害な有機金属を蒸気と一緒に吸い込んでしまう危険性?

プルームテックを含む電子タバコは、金属で出来たコイルでリキッドを加熱します。

ドライバーン(空焚き)するとコイルの表面の金属が剥がれ落ち、有害な有機金属を蒸気と一緒に体内に吸い込んでしまう、というもの。

確かに一理ありますし、この研究結果に対しての相反データは示されていません。

ただ、プルームテックのカートリッジは、既にリキッドが浸された状態で同梱されているため、ドライバーンが起きるとしたら、それは50パフ×5カプセル以上吸ったとき(=カートリッジ内のリキッドがなくなったとき)以外は有り得ないのでは?

ちなみにドライバーンは、コイルとセットになっているコットン(プルームテックは紐?)を焦がしてしまうため、発がん性物質も発生させます。

交換のタイミングは守らないとダメですね。

発生する蒸気はPM2.5の微細粒子!

PM2.5が健康被害をもたらすのは周知の通りですが、たばこの煙もPM2.5だと言われており、俗に言う「喫煙室」の中に至ってはPM2.5で有名な中国の大気汚染レベルだそうです。

そのPM2.5がアイコスやグロー、プルームテックにVAPEからも発生しているという話。

これに関しては予想も出来ましたし反論の余地もありませんが、興味深い実験結果を1つお伝えします。

神戸で行われた実験によると、紙巻きたばこの煙(PM2.5)は25メートル先でも観測されたそうで、部屋中がヤニだらけになるのも納得です。

では、部屋が汚れないと評判の次世代たばこはどうなんでしょうか?同じような実験を産業医科大学が行いました。

結果、どれも口から1メートルから2メートルくらいの距離でPM2.5の発生を確認、離れるにつれて濃度は一気に減りますが、紙巻きたばこ同様にPM2.5が発生しているのは確かなようです。

自分の周辺しかPM2.5が発生しないから部屋が汚れないワケですね!

プルーム・バッテリーが爆発する?

よくVAPEの危険性というキーワードで検索してみると、必ず見つかるのが「VAPEバッテリー爆発事件」の記事や動画

ハイパワーのVAPE(電子タバコ)は、使用するバッテリーが大容量のものが多く、誤った使い方をしてバッテリーが爆発、大事故になったという話は少なくありません。

プルームテックも構造上VAPEと同じなので全く有り得ない話ではありませんが、少なくともVAPEの爆発事故とはちょっと別の話になります。

というのも、VAPEが爆発する原因の多くは、保護機能がないもの(メカニカルMOD)でショートしちゃった、低抵抗値によりバッテリーに負荷を掛け過ぎたことから起きているからです。

ですので、超低出力で純正カートリッジを使用するプルームテックには無縁の話なんです。

プルーム・バッテリーが爆発する可能性があるとすれば、高温多湿のところで保管するなど、使用上の注意を守らなかったときくらいですかね。

タールも一酸化炭素も発生しないんですよ!?

確かにニコチンは含まれますが、それも超微量の0.02mg、マルボロのおよそ50分の1です。

タールも一酸化炭素も発生しません。

紙巻きたばことの比較については、厚労省国立がん研究センター調査を依頼した際の実験結果公表されています

プルームテックは有害物質99%カット、アイコスは90%カットなどと謳っていますが、この結果を見るとあながち嘘ではないということがわかります。

ただし、加熱式たばこも電子タバコも、まだ歴史が浅く、何1つ立証されたデータがないのが現状です。

まだ測定出来ていない化学物質もあるとは思いますが、少なくとも紙巻きたばこよりは良いと言えるのではないでしょうか。

紙巻きたばこよりはマシ、これじゃあダメですか?

なんていうか、嫌煙家の方々は2択しかないんですよね・・・無害か有害か、有害なら即禁止

ですが、紙巻きたばこからプルームテックやアイコス、グローを使うようになってもらった方が、社会全体にとっても有益だと思うのですがいかがでしょうか。

だってタバコなんですから、完全に無害なモノなんてないと思うんですよ。

ですが、紙巻きたばこから比べたら、限りなく無害に近づいているじゃないですか。

もちろん、マナーモラルなどの問題は残っていますし、これからも研究は必要です。

ちゃんと喫煙OKの場所でしか吸いませんから、少しだけ歩み寄って頂けないでしょうか。

あとがき

私の後輩にもいましたが、プルームテックだろうとアイコスだろうと、紙巻きたばこじゃないんだからどこでも吸っていい、そんなワケありません。

そりゃ渋谷ハチ公の喫煙所(今はありませんが)周辺を見た人は、喫煙者を嫌いになってもおかしくありませんよ。

たばこを吸わない人からの理解を得るにはマナーとモラルが必須です。

これからも「たばこ」を吸わせてもらえるように、行動には気をつけたいと思います。