こんばんは、まあまあいい歳のげんちゃんです。

嫁や同僚もたまーに見ているモクログで、こんなカミングアウトはいかがなのものかと思いますが、ワタシ、キャバクラ好きっす。

と言っても、毎日飲みに行けるワケではなく、本当にたまーに、それはもうたまーに1セット行くくらいで、ホントにたまーにです。

で、先日数少ない友人Kスケと飲みに行った際に、3軒目に「行っちゃう!?」ノリで行ってきたときのお話です。

忘年会シーズンに突入した今、同じように「行っちゃう!?」って人もいるかと思いますので、そういうネタが好きな人は是非お付き合いください。

OR+バナー
vaponaire

最近の地元のキャバク事情

ワタシが住んでいる街は、千葉県の中ではまあまあな繁華街がある街でして、キャッチのお兄さんもちゃんと仕事をしている健全なところです。

ただ今年はかなり厳しそうで、週末にも関わらず遅い時間は人も少なく、景気の悪さを感じます。

今回お邪魔してきたのは、10年前くらいからの馴染みのお店でして、地元ではそこそこ有名なお店。

のはずなんですが・・・暇なのか格安で入れて頂いたんですよ。

ということで、今回はキャバクラタバコをテーマにお届けします!

2名様ご案内でーす!

キャバクラ店内
キャッチのお兄さんがインカムでお店に案内をかけ、エレベーターでお店に。

キラキラしたお姉さん達とすれ違いながら席に案内されます。

キャバクラ特有の独特な雰囲気の席に案内され、おっさん二人は静かに待機。

うーん・・・確かにちょっと暇そうですね。

お姉さま達登場

焼酎水割りを作り中
このお店は比較的年齢層が高めのお店でして、キャピキャピよりはお姉さんの多いお店。

付け回しのお兄さんがぶっきらぼうに「〇〇さんと〇〇さんでーす」と言って、ドレスの似合う妖艶なお姉さまを案内してくれました。

挨拶もほどほどに、まずは焼酎の水割りを、超弱めに作ってもらいます。

連れのKスケも大満足なご様子、ただKスケはキレイ過ぎると緊張して話しが出来なくなる傾向があるんですよね(汗)

大丈夫かな、そこだけが心配。

乾杯してもいいですか?もちろん!

お姉さんと乾杯
ワタシとKスケの水割りを作り終わって一呼吸、いつものお願いがきました。

「私達も乾杯させてもらってもいいですか?」

こんなキレイなお姉さまと乾杯できるならと、「もちろん!」と即答・・・シャンパンとかは辞めてね(汗)

「そんなの頼まないですよ、ビールください!」

こうして夜の楽しい一時が始まりました。

ねえお兄さん・・・アレなに?

テーブルの上の銀色の四角いモノ
案の定Kスケが緊張してしまい、タバコを吸うことも忘れてるようだし、なんか動きがカクカクしてます。

これはマズイと思い、Kスケをいじったり、あっちこっちに話しを振っていたのですが、さすが百戦錬磨のお姉さん。

「ねえお兄さん、アレなに?」

テーブルに置いてあった銀色の四角いモノに気付きました。

答えようとしたワタシより早く、Kスケが口を開きました。

これはね!息を吹き返したKスケ

ターレス・ハンドチェック
え!?なにそのドヤ顔(汗)

Kスケ君、急に饒舌になり説明開始・・・引き合いにワタシの持っていたアイコスまでだしてノッてます。

お姉さま二人とも、タバコを吸わない方々のようで、その説明に興味津々。

やはり非喫煙者さんなので、タバコのニオイがしない、銀色の削り出しっぽい質感が格好いいと評判で、気づいたらワタシについていたお姉さままで会話に入っている始末。

「アイコスは良く見かけるんだけど、コレ、初めてみるー!触らせてー!」とね、Kスケ楽しそうじゃん(怒)

まさかの間接〇〇スまで!

ターレスとお姉さん
なんかタバコのニオイは気になるとか言われちゃったのでアイコスは吸いにくくなるし・・・なんかKスケ側ばっかり盛り上がってるし。

つまらん!

そんなワタシを察してかお姉さんが相手をしてくれようとした、その時!

「ねえ、お兄さん・・・吸ってみていい?」

えー!?オレの背中から聞こえてきたその会話、Kスケは完全に鼻の下伸びっぱなし・・・もはや殺意しか湧いてこない。

キャバクラのお姉さんは意外とタバコ吸わない説

タバコを吸わないキャバ嬢
こんなところまで・・・とも思いましたが、最近のキャバクラのお姉さん達はタバコを吸わない子も多いんですよね。

もちろん職業柄、タバコのニオイには慣れているものの、電子タバコのようにニオイがないっていうのはかなり好印象だったようです。

タバコを吸わないので、見たことがあるモノと言えば紙巻タバコとアイコスくらいのようで、甘いリキッドの味などもかなり評価されていました。

Kスケが愛用しているのは「ターレス・プラス」という電子タバコですが、お姉さま方の評価は以下の通り。

1.なんか高そうなライターみたい

職業柄、高級ライターについての知識は持っているようで、シルバーの削り出しとカタチから、パッと見た感じデカイ・ライターに見えたんだとか。
ライターにしてはデカイし、なんか高そうだし・・・これが初見だったそうです。

2.ニオイがしない

タバコを吸わないお姉さまは、慣れているとはいえニオイには敏感なんだそうで、驚いていました。
アイコスとニオイを比べたりもしたんですが、全然こっちのほうがいい!ですって。

3.フタがカチッとする感じがカッコいい

あまり考えたことはなかったんですが、フタをつけるときとかにマグネットでカチッとはまる感じがカッコいいそうです。
デュポンとかもフタの開け締めでいい音がしますからね、あんな印象を持ったそうです。

4.ジュースを吸ってるみたい

Kスケは最近流行りの「Blue Slush(ブルースラッシュ)」を吸っており、これがお姉さまにツボったみたいで美味しいを連呼。
タバコ感ゼロですからね、めちゃくちゃ盛り上がってました。

ところでターレスって?

ターレスのパーツ
当ブログでも何回かレビューしているのでサラッとご紹介しますが、ターレス・プラスは2019年の話題の電子タバコの1つ。

なんと言っても人気の秘密は、無骨なデザインと優れた機能性で、日本最大級のクラウドファンディングでは調達金額1位、支持者数1位、支持率1位のモンスター級電子タバコなんです。

付け加えると、キャバクラでもネタになる電子タバコ、と書いておきましょう(笑)

細かく説明すると長くなってしまうので、サラッとターレス・プラスの特徴をご紹介します。

1.使い方が簡単

電子タバコの一番ネックになるのが、コイルの交換やアトマイザーの洗浄などの手間ですが、ターレスはカートリッジポッドっを交換するだけでいいので、こういう手間が一切ありません。
生粋のベイパーであればそういう作業も楽しみなのかもしれませんが、初心者には面倒な作業以外の何者でもないですからね・・・コレは重要な点です。

2.ニコチンも吸える

電子タバコで使うリキッドは、国内で販売されているものについてはニコチン、タールが入っていないのですが、このターレスは先端にたばこカプセルを装着することで、プルームテックのようにニコチンを摂取することが出来るんです。
しかも、モード切り替え機能を搭載しており、たばこカプセル装着時専用のモードが用意されているので、電子タバコとしてもプルームテック互換機としても使うことが出来るんです。

3.考え抜かれた設計

モード切り替えやカートリッジポッドだけでなく、ターレス・プラスは細かいところまでかなり考えられて設計されています。
その理由は、ターレス・プラスがユーザーの口コミから作られたからなんです、みんなが欲しいと思うモノをカタチにしたのがターレス・プラスなんです。

4.色々な味が楽しめる

ターレスはリキッド充填式なので、世の中にある全てのリキッドを使うことが出来ます。
国内で売っている様々な味のリキッドだけでなく、海外で売られているニコチン入りのリキッド、今話題のCBDリキッドまで楽しみ方は無限大です。

令和型の次世代たばこ

令和型の次世代たばこ「ターレス・プラス」
昨年はタバコ税の増税、そして今年は消費税の増税により、紙巻タバコだけでなく加熱式タバコも値上げされましたよね。

でも皆さん、ご存知ですか?

タバコ税の増税って来年も再来年も実施されるんです。

1日1箱吸っているうちの半分をターレスに切り替えるだけでもかなりの節約効果がありますので、2020年を見越して準備してみてはいかがですか?

あとがき

やっぱりキャバクラっていいところですよねー。

こんなおっさんでもチヤホヤしてくれるんですから、ホント尊敬です。

さーて、12月は忘年会も多いし、もう1回くらい行きそうなので、ワタシも自前のターレスをバッグに入れておこうと思います(笑)

それでは皆さん、ご機嫌よう。