Photo by Jacob Nizierski on Unsplash

こんばんは、モクログのげんちゃんです。

別に怒られたワケでもないのですが、昨年ちょっと考えさせられることがあったので書いてみました。

で、書いていたらだんだん脱線してしまい、終いにはブログの存在意義とか考え出しちゃったりして・・・だいぶまとまりがありませんがご勘弁を。

お暇なときに読んでみてください。

私は加熱式たばこ派です

このブログを書き始めた頃は、まだ紙巻タバコとアイコスやプルームテックを併用して吸っていましたが、たばこ税の増税により赤マルが500円では買えなくなったことで紙巻タバコを辞めました。

年に数本ですが、お酒を飲んでいるとき限定で、一緒に飲んでいる仲間が吸っているのを見て貰うことはありますが、基本的には吸ってません。

こんなブログを書いているので、加熱式たばこがメインで、時折VAPEも嗜むようなスモーキング・スタイルです。

紙巻タバコに戻らないのは価格も理由の1つですが、それ以上に周りの環境や加熱式たばこの持つ優れた特徴をリスペクトしているからに他なりません。

ですが、知人に加熱式たばこを勧めたら、その返答に考えさせられたんですよ。

その出来事から数ヶ月が経ってしまいましたが、ふと思い出したので共有させてください。

押し付けないでよ(汗)

実際はちょっと違う言い回しでしたが、ニュアンスはこんな感じ。

というのも、この彼は紙巻タバコ派でして、たまたま吸っているところを見て、「○○さんも身体に良くないからアイコスとかに変えたら?」と結構軽い気持ちで勧めてみたんですよ。

そうしたら、「いいの、オレは。ホントIQOS吸っている人ってやたらと勧めてくるよね・・・ほっといてよ。」と。

でも・・・と言おうとしたときに、「オレ達は(アイコスなどを吸っている人に対して)何も文句言わないのにさ、押し付けないでよ。」

冗談まじりにふざけながら話していたので怒ってはいませんでしたが、内容は本音ですよね、コレ。

その場は”男気ジャンケン”で缶コーヒーを奢らされ、知人はルンルンで仕事に戻りましたが、言われたコトが結構引っ掛かっていました。

アイコスに変えるはタバコ辞めろと同義

紙巻タバコはニコチンだけでなくタールや一酸化炭素も発生するし、副流煙も遠くまで広がっていくので、まったく迷惑をかけていないとは言えません。

ですが、知人はキチンと喫煙所で吸うようにしているし、少なくとも決められたルールの中で吸っているので、たしかに文句を言われる筋合いはないワケです。

私は良かれと思って勧めたのですが、もしかしたら知人にとっては、私が嫌煙家のように感じられたのかもしれません。

そりゃそうです、紙巻タバコしか吸わない知人にとっては、アイコスに変える=たばこを辞めろと言われているのと同じことなんですよね。

ましてや、これだけ加熱式たばこが広まっている昨今ですから、私以外の多くの人から同じコトを言われてきているハズですし、またか・・・と思ったんでしょう。

嫌煙家と同じ?

で、その後なんとなく考えてみたワケです。

すると、私が知人に言ったことは、ある意味「嫌煙家に言われているのと同じようなことを言っている」と気付いたんです。

私たちも決められたルールの中で、なるべく周りの人に迷惑をかけないようにと加熱式たばこを吸っていますが、そんなことは関係なく「やめろ、さもなくば一人で死ね」くらいのことを言われます。

もちろん知人にそこまでのことは言いませんし思いもしませんが、ルールを守って楽しんでいるだけなのにやめろと言われる、という点は同じだな、と思ったんです。

私たちが嫌煙家を煙たがるように、紙巻タバコ派の人も、もしかしたら毎回アイコスやグロー、プルームテックを勧めてくる私たちを煙たく思っているのかもしれません。

ライフ・スタイルは自由であるべき

これは決められたルールの中で、というのが前提ですが、その範囲内であれば何を吸おうが自由なんですよね。

その結果、体調を崩そうとも、税金を多く払おうとも、それはその人の決めたことなので、周りがとやかく言うことではないということ。

加熱式タバコだって同じことで、有害物質が少なくなったことで本当に健康被害が減るのかなんてわからないですし、吸わない人に比べて無駄遣いしているのは間違いないんですから。

ですが、すべては自己責任であり、人様に迷惑を掛けない+ルールを守るのであれば、何を選択するのかは自由ですもんね。

私が知人に言ったことは余計なお世話だったんです。

モクログの存在意義は?

今回のことで学んだのは、積極的に勧めるものではないということ。

確かにアイコスを使う前の私は、「誰になんと言われようとオレは紙巻タバコ派だぜ!」と思ってましたし、周りが「アイコスいいよ!」と言ってきても聞く耳なんて持ちませんでした。

ですので、聞かれたら話してあげる、これで正解なんだと思っていたワケです。

これまでモクログでは「加熱式タバコっていいよ!」という記事をいくつも書いてきました。

でも、モクログの記事はGoogleやYAHOO!で検索しない限り目にすることはないと思いますので、そういう意味では、「紙巻タバコをやめようかな?」と思った人が、「加熱式タバコってどんなんだろう?」と思ったときに情報が得られるので、まさに”聞かれたら話してあげる”に近いですよね。

加熱式タバコに興味を持った人のために情報をストックしておく、これがモクログの存在意義・・・なのかな。

あとがき

反省しつつ最後は脱線しましたが、今回のことでモクログが今後どうあるべきかわかったような気がしました。

ぶっちゃけ加熱式タバコのニュースだけを追っていても書かれていることは大体同じだし、何よりも大手メディアよりも先に情報を上げるなんて出来ませんからね。

最新情報を追っていっても行き詰まっちゃうんです・・・というか行き詰まってました(笑)

2020年はタバコに対する風当たりも一層キツくなってくる年なだけに、今回気付いたことを意識して1年やっていこうと思います。

なんだか最後はぐちゃぐちゃになってしまいましたが、お付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m