遂にアイコスイルマ専用の530円たばこ「センティア」が販売開始に。各社の加熱式たばこカートリッジの価格をまとめてみた。

遂にIQOSイルマ専用の530円たばこ「センティア」が販売開始に。各社の加熱式たばこカートリッジの価格をまとめてみた。 たばこコラム
たばこコラム

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

先日4月4日より、アイコスイルマ・ユーザーにとっては待望のセンティアが発売になりましたね

と言っても今は一部エリア限定なので、私は買うことができませんが、各社ともに一通りランナップも出揃った感あるので、ここらで一度まとめてみたいと思います。

デバイスの値段ももちろん重要ですが、それ以上に毎日買う「タバコ代」はコスパで選ぶ際の最重要指標でもありますので、2022年の加熱式デバイス選びの参考にどうぞ。

IQOS、Ploom、gloの3社の専用タバコの価格

毎日それとなく買ってるのでつい忘れがちですが、タバコ代はサラリーマンにとってはランチ代の次に割合の大きい支出の1つ

単純に毎日1箱吸う人であれば、1箱の値段に365日を掛ければ、およそのタバコ代が算出できますよね。

比較的良く吸う580円のテリアをベースに考えると、私の場合、年間211,700円ものお金をタバコに使っていることがわかりました。

高いですよねー・・・デバイスの値段なんて211,700円に比べれば何を使っても大差ありませんから、これがコスパを重要視する人にとって、タバコの値段が最重要項目である理由です

IQOS専用たばこの価格一覧

シリーズ銘柄価格
IQOS ILUMATEREAテリア
SENTIAセンティアNEW
580円
530円
IQOS 3Marlboroマールボロ
HEETSヒーツ
580円
530円

最新型のイルマは、デバイスも高いだけでなく専用たばこも580円のテリアしかないことから、価格面で移行を保留していた方も多いのでは?

ですが、イルマワンの発売によりデバイスの価格はIQOSシリーズでは最も安いデバイスとなり、更に懸念されていた専用たばこも、今回の「センティア」発売により解消

吸いごたえの面でブレードありがいい!という方もいますが、イルマワンとセンティアの仕掛けで移行する人は増えるんじゃないかと思っています。

530円という価格は、他社の安価なシリーズと比べればまだ高いですが、数十円の差まで縮小されましたので、競合の価格優位性はかなり失われた・・・それくらいセンティアの発売はインパクトがあります。

ただし、このセンティアは今のところ販売エリアが限定されており、全国展開には至ってません。

Ploom X専用たばこの価格一覧

シリーズ銘柄価格
Ploom XMEVIUSメビウス
CAMELキャメル
570円
500円

メビウス6種類、キャメル8種類というラインナップですが、メリハリの利いた価格設定で、それぞれの価格差は70円もあります。

私のまわりも含めてキャメル・シリーズが人気で、70円も安い割にメビウスにひけをとらない美味さなのでおススメです

シリーズ銘柄価格
Ploom X
※定期便限定
CAMEL(キャメル)440円

奇しくもセンティア発売の日と同時にリリースされたのが、この440円キャメル。

ただ、残念ながらオンラインショップの定期便限定で、しかも1カートン縛りというリスクの高さで、更にPloomショップなどで試喫すら出来ない・・・これでは買いにくいですよねー。

glo専用たばこの価格一覧

シリーズ銘柄価格
glo hyperneoネオ
KENTケント
KOOL x neoクール・エックス・ネオ
LUCKYSTRIKEラッキーストライク
540円
500円
520円
290円※12本入
glo proneoネオ
KENTケント
560円
500円

グローはもっとも銘柄が多く、中でも注目したいのはラッキーストライク銘柄。

12本入りではありますが290円と驚きの価格で、20本換算しても483円と加熱式たばこの中では最安値になります

ラッキーストライクは味も良く、同シリーズから今度はメンソールが発売予定となっています。

シリーズ銘柄価格
glo hyperneo(ネオ)440円

なお、グローさんにも440円たばこがあるんですが、こちらもプルーム同様に定期便のみの限定フレーバーとなっています

各社の銘柄別・年間のたばこ代

製品名たばこ銘柄年間のたばこ代
IQOS ILUMATEREA
SENTIA
211,700円
193,450円
IQOS 3Marlboro
HEETS
211,700円
193,450円
Ploom XMEVIUS
CAMEL
定期便CAMEL
208,050円
182,500円
160,600円※送料630円除く
glo hyperneo
KENT
KOOL x neo
LUCKYSTRIKE
定期便neo
197,100円
189,800円
182,500円
176,295円※20本換算で計算
160,600円※送料600円除く
gro proneo
KENT
204,400円
182,500円

一見するとプルームとグローの定期便440円が安く見えますが、オンラインショップ限定販売ということで1カートンあたり送料が掛かります

そして、この送料を足すと支払いの合計は5,000円(プルームは5,058円)となり、1箱あたり500円になってしまうんです(汗)

よって、最安値はグローハイパー×ラッキーストライクの組み合わせという結果になりました。

一番高いアイコスのテリアやマールボロとの年間タバコ代の差は35,000円以上、コスパ面ではやはりグローさんが一歩リードしている状況ですね。

IQOS、Ploom、gloの3社の専用タバコの価格まとめ

まだセンティアが全国発売に至ってないので比較するのは難しいですが、少なくとも3社の価格差はだいぶ縮まってきました

特にブランド力で負けているものの、コスパ面で優位に立っていたPloomとgloは厳しい展開です。

予断ですが、センティアはまだ他のフレーバーも控えており、全国展開のタイミングで追加投入されるのでは?と予想しています。

3,980円のイルマワンに、530円のセンティア、更に530円シリーズを追加投入することで、これまでの高いという印象はだいぶ変わってきますよね。

この仕掛けの最中に、追いかけるPloomとgloは何を仕掛けるのか?今年も各社の取り組みから目が離せそうにありません。

あとがき

先日JTさんと飲みに行ったんですが、残念ながら440円キャメルの追加情報は教えてもらえませんでした。

知りないの一点張りでしたが、上のほうからの口封じなのか、本当に知らないのか・・・ガンガン聞いてみようと思っていたんですが、気づいたら私自身が飲み過ぎてしまい聞けずじまい。

酒は飲んでも飲まれるな、と言いますが、飲まれちゃうのが私でして、新情報を期待されていた方には大変申し訳ないです。

ひとまず今日はこの辺で、おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×