18歳から大人に!タバコやお酒はOK?何が変わって何が変わらないのか?気になる疑問を調べてみた。

18歳から大人に!タバコやお酒はOK?何が変わって何が変わらないのか?気になる疑問を調べてみた。 たばこコラム
たばこコラム

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

2022年4月に、結構重要な法改正があったことをご存じでしょうか?

というのも、これまでは法律で20歳になったら成年=大人とみなされていたのですが、法改正によって18歳で成年とすることに変わったんですよ

調べていたら色々心配になってきまして、今日はタバコやお酒はOKなのか、だけでなく気になった点も含めて紹介していきます

年頃のお子さんをお持ちの方は是非参考にしてください。

民法改正により成年年齢の引き下げ

民法の改正により、2022年4月1日より、これまでは20歳=大人とみなしていたルールが、18歳に変更になりました

この成年年齢の変更はおよそ140年ぶりだそうで、遡ること明治時代からずっと20歳=大人だったそうです。

対外的には、既に選挙権年齢が18歳に引き下げられていたり、世界的にも18歳が成年とみなさていることから、18歳以上を成年として扱うのが良いだろう、という議論が行われていたんですね。

いざ成年=大人とみなす、と法律は変わりましたが、実際どう変わるのか?気になりませんか?

特にタバコやお酒は大人の特権みたいなものでしたから、成年年齢が18歳に引き下げられたことで、何がどうなるのか?このあたりを解説していこおうと思います。

成年とは?

成年とは?

解説の前に成年についてお話ておくと、法的には、単独で法律行為ができる年齢のことを指します。

民法上の成年とは、「一人で契約をすることができる」「親の親権に服さなくなる」とされているため、多くのことを自分で決められるようになるんです

親の親権はともかく、一人で契約できるようになるってのは、あと数年で18歳を迎える子を持つ親としては、なかなか心配な内容です。

さて、次項より身近な例をあげながら、これからの18歳について変わること、変わらないことをお伝えしたいと思います。

変わらないこと①:タバコやお酒は20歳から

変わらないこと①:タバコやお酒は20歳から

いや、別に吸わせたいわけじゃないし、飲ませたいわけでもないんですが、タバコやお酒については別の法律が関係しており、従来通り20歳になるまでは禁止されることに

その法律とは「二十歳未満ノ者ノ喫煙ノ禁止ニ関スル法律」などのことで、法律名のとおり禁止されています。

私の頃はもっとも”大人”を実感しやすい変化だったので違和感を感じますが、これからの時代は大人であっても20歳まではタバコもお酒もダメ!というのが新常識になっていくんでしょうね。

変わらないこと②:競馬などの公営ギャンブルもダメ

変わらないこと②:競馬などの公営ギャンブルもダメ

タバコやお酒同様に、健康面への影響や非行防止、青少年保護などの観点から「競馬」などの公営競技もこれまでと変わらず20歳のままです

成年なのに非行防止や青少年保護ですか・・・気づいたら成年って呼ばれるようになってるけど、扱いは少年というちぐはぐな感じ。

ですが、私はそれでいいと思います、だって高校生を卒業したばかりですよ?

部活に打ち込んでいた子なんかだと、社会経験ほぼゼロでいきなり大人扱いされたら、そりゃ大変ですからね

変わること①:アパートを一人で借りられるようになる

変わること①:アパートを一人で借りられるようになる

昨年までは18歳であっても、アパートを借りるときなどは、親が保護者として同意したりする必要がありましたが、今年の18歳以上からその必要がなくなります

とはいえ、成年と言っても、経済的に自立しているとは考えにくいので、引き続き親のフォローは必要なんでしょうけど、少なくとも自分ひとりでハンコをついて契約できちゃうってこと。

従来の20歳というボーダーラインも、20歳だから経済的に自立できているかっていうとそうではないので、それなら18歳も20歳も変わらないって考え方も出来ますが、責任取れない可能性が高いのに自分で契約できちゃうって・・・大丈夫なのかな

変わること②:スマホも自分で契約できる

変わること②:スマホも自分で契約できる

これも心配のタネなんですが、スマホも自分で契約できちゃうんですって

スマホって魔法の箱じゃないですか・・・ゲームに課金し過ぎちゃったり、調子の乗って電話しまくって通話料がとんでもないことになったりしないかな(汗)

恥ずかしい話ですが、そんな小さいことばかり気になっています。

日本ってお金についての教育はほとんどされないので、こういう部分は親がしっかり教えないと危なっかしくて心配なんですよ

変わること③:クレジットカードもローン契約もできる

変わること③:クレジットカードもローン契約もできる

カードについては審査があるので誰でもOKとはいかないでしょうけど、クレジットカードも作れるし、ローンを組むことだって出来るそうです

なんでかなー、タバコとかお酒、ギャンブルと同じくらい、これも危ないことだと思うんですけど。

アルバイト経験があって、実際に自分でお金を稼いだことがあって、その上でお金を使う分には文句もないんですけど、18歳ってアルバイト経験もない子だって多いでしょうから、お金を借りるリスクとかを理解できないんじゃないかと

変わること④:女の子の結婚年齢が18歳に引き上げ

変わること④:女の子の結婚年齢が18歳に引き上げ

従来の法律では女の子は16歳から結婚できるとされていましたが、これも今回の法改正により18歳に引き上げになりました

早いのが悪いのか、遅いのが良いのかは判断できませんが、少なくとも男女ともに18歳となったので、平等とは言えます。

今の時代、女性も男顔負けでバリバリ働きたい!という人も多いと思いますので、こういう部分から平等を整備していくのは良いかもしれませんね。

曖昧なこと:成人式はどうなる?

曖昧なこと:成人式はどうなる?

もっとも注目が集まったのがこの話題で、18歳で成年とするならば成人式も18歳の年にやるの?って話題です

この点については、いつ実施するべきなのか法律で定められているわけではない為、各自治体の判断になるそうです。

18歳の1月の成人の日って受験真っ只中なんですよね・・・また、今後の帳尻を合わせるために、18歳、19歳、20歳の3世代同時に成人式を行うのも変ですし、まだ色々と検討しているようです。

そういう意味では法改正後、はじめてとなる2023年1月の成人式は、注目が集まりそうです

心配なこと:世の中には悪質な手口が溢れているという事実

心配なこと:世の中には悪質な手口が溢れているという事実

なんでさっきから心配・・・心配と書き続けているのかと言うと、世の中には悪質な手口が溢れているからです

私自身、過去にたくさん失敗してきて、嫌というほど身に染みてるので、そういった知識や経験がない子たちが騙されないかと心配なんですよ。

未成年であれば、親の同意なくして契約した場合は、「未成年者取消権」によって、その契約を取り消すことが出来ましたが、今回の法改正で成年扱いになってしまうと、この権利が使えなくなってしまうんです

大の大人ですら簡単に騙されてしまう巧妙な手口、それを社会経験がほぼない子供たちが騙されないとは到底思えないわけです。

子どもを持つ親としてやるべきこと

子どもを持つ親としてやるべきこと

子供はつまらないと思うかもしれませんが、もう親が教えるしかないと思うんですよ

特に「契約」というのは本当に厄介で、契約書に書かれていたら知らぬ存ぜぬでは済みません

お金を借りる、もしくはサービスを利用したら、お金がなくても返さなくてはいけませんし、それが出来ないなら最悪、債務整理や自己破産ってシナリオも考えられます。

もちろん、その手前で親が結局はなんとかするんでしょうけど、親に相談できないような関係だったりすると、どうなっていくのか想像もしたくありません。

なんだか考えていたらどんどん飛躍していってしまいましたが、親として最善を尽くしたいと思った次第です。

あとがき

ホントは、18歳に引き下げになったけどタバコやお酒はダメだよー!って話を書くだけのつもりだったんですが、調べてみたらどんどん心配になっていき、こんな内容になってしまいました。

とりあえず、高校3年生くらいの授業に「お金」や「契約」についての授業、やってくれないかな。

つらつら書いていたら夜も更けてきましたので、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

この記事をお読みのお父さん、お母さん、子供が高校生くらいになったら、そのあたりもしっかり教えてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×