こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

最近は暑い日が続きますが、皆さん体調は大丈夫ですか?

体力も奪われてきますし、熱中症もそろそろ気になる時期ですので、水分補給は休憩はこまめにとるようにしてくださいね。

さて、今日は最近の加熱式たばこ界のトレンドについて書いてみようと思います。

2020年はメンソールがブレイク

少し前までは、デバイスのスペックを競うような展開が続いてましたが、つい先日発表されたプルームエス2.0で少し風向きが変わり始めましたよね。

仕掛け人はJTさんで、今回リニューアルされるプルームエス2.0は、昨今のメンソール人気から「メンソール特化型」機能を搭載してきたんです。

もちろん、これまでの販売データを分析した上でのことなんでしょうけど、目のつけどころがいいですよねー。

今までは加熱温度を挙げて吸いごたえを高める!というのが主流だっただけに、フレーバーメンソール)に特化した訴求は初めて

ですが、このメンソールに力を入れ始めたのはJTさんだけじゃないんです。

フォリップモリス:アイコス

アイコス4もそろそろ・・・と噂されるアイコスですが、メンソール・ブームの到来を予想してか、協力な新フレーバーを投入することが決まっています。

紙巻たばこでお世話になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが、ガツンっとしたメンソールで大ヒットしたマルボロ・ブラックメンソール、これがアイコスの新フレーバーとして登場予定。

更にリーズナブルさが人気のHEETSブランドでは、すでにフルーツ系メンソールが2種類追加されており、メンソール・ファンの囲い込みに力を入れています。

これまでのアイコスは、レギュラーフレーバーもしっかり拡充してくれていたんですが、今年はメンソール系ばっかりリリースされてます。

ブリティッシュアメリカンタバコ:グロー

春先グローハイパーをリリースしたばかりのグローですが、もともとフレーバー系メンソールを得意としていただけに、当初からラインナップはメンソールに偏り気味。

加えて、15日から発売開始となるKENTシリーズもレギュラー×1、メンソール×2となっており、メンソールばっかり拡充されていくんですよね(汗)

ただし、王道メンソールというよりは得意のフルーツ系メンソールが強化されている感じです。

KNETの後にも「ネオ」ブランドからの新製品も控えており、メンソールのラインナップでは一番種類があります。

日本たばこ産業:プルーム

プルームに関しては冒頭も紹介した通りですが、まずデバイス自体がメンソールをより美味しく吸えるように作られた「メンソール特化型」のプルームエス2.0が7月に発売されます。

もちろんこれだけじゃありません、メンソールに注力することを決めたわけですから、当然フレーバーも拡充されます。

プルームエス2.0と同タイミングで発売予定になっているのが、オールドジョーでお馴染みのキャメル・ブランド

追加されるのはもちろんメンソールでして、グローと同じく2種類のフルーツ系メンソールとなります。

世間的にもメンソールが一番人気

たまに顔を出しているVAPEショップさんにお話を伺ったところ、一番売れているフレーバーってシンプルなメンソール・リキッドなんですって。

VAPEのリキッドはタバコ以上にとんでもない種類のフレーバーがありますが、なんかんだ定番がいいってことなんですかねー。

そう言えばノンニコ・ヒートスティックのニコレスもメンソールしかありませんね。

まあ、以前からメンソールが人気だったんでしょうけど、今回のプルームエス2.0の仕掛けで更に拍車が掛かるのではと思ってます。

もしかしたら、2020年を制するのはメンソールを制したブランドなのかもしれませんよ?

あとがき

いやー、自粛中にエアコン出しておいて正解でしたよ。

ここ最近の蒸し暑さと言ったら・・・毎年忘れてるんですけど、これが日本の6月なんですよね。

天気に文句を言っても仕方ありませんが、早く梅雨明けしないかなー。

×